大切な人生のために。最高のコンディションのキホン「酵素」

体の不調に仕事の質を左右されないように

私の職業は俳優です。今年で35歳になりました。

学生の頃からプロを目指し、20代半ばから映像の仕事をこなすようになり、あっという間にアラフォーの仲間入りです。今ではテレビのお仕事や企業のVTR、声優、キャスターやナレーターとして幅広く活動しています。

私の仕事は人に見られる仕事です。セリフ覚えはもちろん、メイクをしてもらう際の肌のコンディションや体調も常に気をつけています。

特に気を使っているのは、食生活や運動、メンタルトレーニングです。

大量にセリフがあるときは、緊張で撮影直前にニキビができてしまったり、早く横になったのに眠れなくなったりもします。

十分に体調が整っていない日は、覚えたセリフも出にくく、難しい言葉のナレーションが重なる時は頭が働かずに噛みやすくもなってしまいます。

撮影現場は、照明や機材の関係で寒暖の差が激しく、空気も乾燥していますし、肌が敏感なため、何度もメイクを繰り返すような撮影は翌日に皮膚科…ということもあります。

コンスタントに納得のいく撮影にするには、健康的な見た目と体、そして体力と自信が常に必要です。30半ばという年齢になり、20代のころ自然にあった体力や体調は自分で管理しなければ手に入らないことを実感しはじめました。

体調管理はもちろん、メンタル管理も非常に大切です。

たとえセリフを間違えなくても、音NG・カメラNG・脚本NG、何度も繰り返すこともあり、どれがOKテイクになるかわからないため、常に120%いいものを提示するように意識しています。

気がつけば、照明を浴びながらヒールを履いて、汗だくで何時間も立ちっぱなしというのはよくあることです。

何十人ものスタッフさんやクライアントさんに見られながら、どんなに失敗をしても仕事中は心が折れないよう自信を保たなければならないので、体調を気にしている暇はありません。

強くメンタルを維持するためにも、万全な体調で挑むのは大切な仕事のひとつ。そのために私が毎日続けているのが「朝の健康習慣」です。

心と体が安定する私の朝の習慣

朝起きて水分補給をしたら、瞑想をします。

根っからの面倒くさがりで、雑念の多い私ががんばるための瞑想です。恥ずかしいことに、私はやらなければならないことがあっても、あれこれ考えているうちに面倒くさくなってやれないような性格です。

瞑想は、余計なことを考えたらぽーんとどこかへおいてまた集中…といった、いま一番大切なことを行動にうつすためにとても効果的なメンタルトレーニングです。

これを積み重ねると、現場で「見られてるな…」と緊張したり、「失敗したらどうしよう…」と不安になっても、ぽーんとどこかへおいて、いまするべきことに集中できるようになります。

愛用の座禅クッションで、窓際で瞑想するのがお気に入りです。体が疲れているときは大の字に寝転がってやるのも、余計な力が入らなくておすすめ。心の整理で脳から体までリフレッシュできますし、思考のノイズを減らすと一日の過ごし方がガラリと変わります。

食べ物もメンタルも、余計なものをなくし、必要なものを明確にすることが大切なんだと実感しています。

この後、フィットボクシングや簡単なダンスなどの気分に合わせたエクササイズを選びます。

朝の栄養補給は、極力余分なものが入っていないプロテインと、最近試しはじめたオーガニック酵素です。以前はプロテインと難消化デキストリン、たまに青汁粉末をいれていました。

オーガニック酵素には食物繊維のイヌリンも入っているので、今はこれのみで十分だと思っています。私は消化力が低いため、朝を軽くしてパン食をなくすことで、一日中だるくならずスッキリと過ごせています。

食べる時に気をつけているのは、たっぷりのビタミンと酵素が入った生の野菜と、体作りに必要なタンパク質の量です。

また、食べ物の成分表をよく見るようにしています。過剰なエネルギーや余分な添加物は避け、お米も、農薬が規定の半分以下である特別栽培米を食べています。 どれも、私の体調の管理に必要不可欠なポイントです。

趣味は知恵と体力を使う謎解き

最近、休日は夫と街歩きをしながら謎解きゲームをしています。頭と体を使いながら、街の観光もできるので、楽しくチャレンジしています。

その分、自然と外食も増えてしまうので、その後のケアも忘れないように心がけています。

食べ物がすぐに肌にでる体質なので、油ものは一瞬で顔がべたつきます。添加物の多いものを食べると、赤くかたいニキビができ、子供の頃からの付き合いである脂漏性皮膚炎が悪化することもあります。 ですが、あれもこれも抜いてしまうと大変なので、好きなものを食べていいチートデイを週に2日ほど用意しながら、ストレスもためないようにしています。

安心できるオーガニック酵素がなによりの励み

日頃から生の野菜はとるようにしていますが、なかなか十分な量がとれないのが悩みのひとつです。体の中に入るものは少しでも安心できるものをと考えているため、普段、野菜は農薬対策に重曹で洗っています。

そんな食生活の中にも、最近ではオーガニック酵素があることで安心できるようになりました。

商品裏の成分表を見てがっかり…というのは私にはよくあることですが、オーガニック酵素の成分表は、見ていてつい「おいしそう」と、ほっこりしてしまいます。こんなふうに思えるサプリメントには、なかなか出会ったことがありません。

熱処理をしていないので、熱に弱い酵素だけでなく、ビタミンなどの栄養素もしっかり残っていそうで安心です。旬の、しかも有機野菜を種や皮ごといただけるというのは、とても体がよろこぶ贅沢なことだと思っています。

朝昼とオーガニック酵素が飲めないときは、夜に必ずとるようにしています。自家製の梅ジュースに混ぜて、夫婦で仲良く飲んでいます。

私にとって酵素は、納得できる仕事や生活を送るために欠かせないもの。毎日の自信を育むためのアイテムです。

ABOUTこの記事をかいた人

Iori Yuki

いおり ゆき/1984年生。俳優をしながらフリーのWebライターとして活動。全顔ニキビや脂漏性皮膚炎の経験からコスメコンシェルジュの資格を所得。最先端の美容情報をアップデートしながらも、自然に近い食生活や適度な運動が一番のアンチエイジングと実感し、仕事で得た知識や経験を活かした美容・健康法、生活のレシピをお届けしています。ただいま瞑想やデザインの勉強をしながらスキルアップのために奮闘中。