100年時代を健やかに生きるならオーガニック酵素。選ぶべき理由が一目瞭然

酵素ダイエット、酵素水、酵素化粧品など、健康・美容商品などで「酵素」の存在を知る人が多いのではないでしょうか?けれども、この酵素が体にどう働いて、影響をもたらすのか具体的なイメージをもっている人は少ないかもしれませんよね。実は私たちの体の中に2万種類以上あるといわれており、生命機能をサポートするのに欠かせない存在です。健やかな生活のためになくてはならない酵素についてお伝えいたします。

栄養素が機能するためには、酵素がなければならない

酵素はタンパク質の一種であり、体内のあらゆる栄養素に作用して働きをコントロールしています。摂取した栄養素はそのままでは体内で働くことがないのですが、酵素と結びつくことによって栄養素がもつ効力が発揮されます。

酵素は2万種類以上あるといわれ、顕微鏡でも形を捉えることができないほど小さいです。1つ1つの酵素の役割は違っているため、1つの反応が起こったら、次は別の酵素と結びついてまた反応が起きる…といった繰り返しが私たちの体内で繰り広げられています。

酵素は不足するもの。日々補うことで健やかに

体内の酵素は大きく分けて2つあります。1つは「消化酵素」。食べたものを分解し、必要な栄養素に変換する働きをもっています。そして、分解された栄養素を体内で働かせるのが「代謝酵素」です。消化と代謝の両酵素が正常に働くことで、私たちが口にしたものがはじめて体を作っていきます。

酵素が不足すると、摂取した栄養素が正常に働くことができません。代謝が落ち、血流も滞って体調不良や病気になりやすい体になってしまいます。残念ながら、酵素はストレスや加齢など不可抗力な要因で減少するため、食品から酵素を補なわなければなりません。食べ物からとる酵素は「食物酵素」と呼ばれ、不足している体内酵素を補うことができます。

野菜は食物酵素の宝庫

酵素サプリメントなどをチェックしている人ならわかるかもしれませんが、食物酵素をアピールした健康食品は、野菜のパッケージやサプリメントが緑色であるなど、野菜や果物などのイメージさせるものが多いです。

実は野菜や果物には食物酵素がふんだんに含まれており、五大栄養素のビタミンやミネラルだけでなく酵素がとれる食品です。

例えば、大根にはタンパク質や脂肪を分解する酵素が含まれており、特にすりおろして食べるとその効果をより発揮すると言われています。焼いたさんまに大根おろしが添えられているのは、さんまのタンパク質を分解することができる食べ合わせになっていることもあり、味覚の楽しみだけでなく栄養学的にも相乗効果があるためです。

食物酵素って特別で高い野菜や果物を買わなければならない、ということはありません。普段何気なく食べているもので十分摂取することができます。ただし、食物酵素は食べ方を間違えてしまうと酵素が死んでしまうため、正しい調理方法を理解しなければなりません。

食物酵素は鮮度が命。旬の野菜を生で食べることでより多く摂取できる

酵素は熱に弱く、加熱調理をすると食材に含まれている酵素が一気に激減、ほぼ0になってしまいます。およそ50℃くらいで酵素が消失されていくといわれているので、揚げ物はおろか茹でたり蒸したりするだけでも失われてしまいます。

そのため、酵素を残したまま野菜や果物を食べるにはサラダなど、生食のまま食べるようにしましょう。ただ、調理のレパートリーが少なくなるため、味が単調になってしまいます。マンネリ打破として、ドレッシングを数種類用意してその日の気分で選んだり、野菜のバリエーションを変えて見た目も味も変えてみたりするのをおすすめします。 また、酵素は鮮度とも比例しています。収穫されたばかりの野菜や果物、旬のものであればあるほど酵素の量がたっぷりです。季節の野菜を選ぶようにし、早めに食べきるようにしましょう。

皮まで食べると効果アップ。けれども現代では難しい

さらに多く酵素を取り入れる方法として実践してもらいたいのが、野菜や果物を皮ごとまるまる食べることです。皮には多くの栄養素が含まれているため、取り入れた酵素と栄養素がより相乗効果を発揮して私たちのイキイキとした体づくりをサポートします。

みかんの皮を干して陳皮(ちんぴ)にしたり、干し柿にしたりするのは食物がもつ味に深みが増すだけでなく、皮に含まれているビタミンなど豊富な栄養素をさらに引き出すためのテクニックでもあります。古くから、野菜や果物を皮ごと食べることは丈夫な体づくりをもたらす先人の知恵が伝わってきますよね。

ところが、現代の野菜や果物は残留農薬などが懸念されており、皮ごと食べることに抵抗がある人も多いはずです。酵素は化学物質や加工食品などによっても減少しますし、それ以前に農薬が多量に含まれた食品は口にしたくありませんよね。豊富な酵素に栄養素、健康な体を維持していくための野菜や果物を考えると、オーガニックのものを選ぶことが賢明な判断として提案いたします。

生野菜以外で酵素をとる方法も。長期熟成した酵素はメリットがいっぱい

酵素は鮮度や旬が大切だとお伝えし、生野菜を積極的にとることを推奨してきました。ですが、野菜は苦手だったり、小食で食事はあまりとらなかったりなど、しっかりと野菜を食べることが難しいと感じる人もいるはずです。「私は酵素はとれないんだ…」と心配しなくても大丈夫。実は生野菜を食べなくても酵素がたっぷり摂取できるとっておきの方法があります。

意外と知られていないことなのですが、酵素は発酵と熟成によっても効果を発揮することができ、使用した食品の栄養素の力もあわせて引き出します。これまでに旬や鮮度の大切さを伝えてきたため、時間をかけてじっくり寝かせる発酵だと酵素は損なわれてしまうのではと矛盾を感じるかもしれませんよね。

発酵食品の王道ともいえる納豆で説明すると、大豆からの発酵の過程で納豆菌が増殖しながら酵素の種類も増えていきます。酵素が死なない温度で発酵が進んでおり、時間の経過とともに栄養素が豊富な食品へと変化していっているのです。

このように時間をかけて熟成させた発酵食品も、酵素の補うのに最適な手段です。最近ではサプリメントやドリンクなどさまざまな形で口にすることができるので、あなたにあったものが必ず見つかるはずです。

長い人生を健やかに生きるために「オーガニック酵素」が力になります

オーガニック食品は農薬不使用、有機栽培など化学製品に頼らず自然の力で作られたものです。生産の過程で本来もっている酵素を大きく失うことなく、むしろ発酵しているものであればより豊富に私たちの体に入り、栄養素とともに私たちの体の健やかさを支えていきます。まさに天然そのものである「オーガニック酵素」は、有機物である私たちの体が本当に求めるものではないでしょうか?

オーガニック酵素が体に恩恵を与えるものとして、多くの商品が販売されてきています。もちろん、原料屋でもオーガニック酵素の商品を販売中です。原料屋はオーガニックの力をさらに引き出すために、製造過程に強いこだわりをもっています。これからオーガニック酵素の商品をお求めになるかもしれないあなたが、選んで後悔することのない商品を取り揃えております。ぜひ、手にとっていただき、自身だけでなく大切な人の体を想って勧められるものにもなれば幸いです。

オーガニック酵素

旬の国産有機JAS認定植物を使用した、オーガニックの熟成発酵エキス粉末。
抽出から製造まで一切熱を加えない完全非加熱製法で、貴重な酵素の働きがまるごと残っています。
32種類の国産オーガニック野菜&柑橘&果物、ブラジル産オーガニック黒糖、粉末化に国産オーガニック大麦若葉粉末と、メキシコ産オーガニックアガベイヌリン(天然植物繊維)の2種類を使用。合計35種類全て有機JAS認証のオーガニック原料です。

2年発酵手作り 原料屋オーガニック酵素 
https://www.genryoya.com/products/detail/716.html

ABOUTこの記事をかいた人

Honda Aya

本田あや/1987年生まれ。東京で保育士として勤務していたが、結婚を機に夫の海外勤務に帯同。フリーランスでWebメディアでの執筆や編集業務をこなす2児の母。出産後に胆石が見つかり、胆のう摘出の手術を受けて食事の大切さを痛感。食育アドバイザーや薬膳インストラクターなどの食に関する資格を取得し、心と体にやさしい食事づくりを日々心がける。薬事法管理者の資格取得を目指しており、人々を健やかにする商品や広告の制作に貢献したく邁進中。