疲れた身体に旬のアスパラガスがオススメ!食べるサプリメントで疲れを吹っ飛ばそう

皆さんはアスパラガスの旬の時期をご存知でしょうか?ハウス栽培が増えたり輸入品が多く販売されているため、年間を通してアスパラガスを購入できます。実は、旬の時期のアスパラガスは他の野菜ではあまり摂ることのできない栄養素が豊富に含まれているんです。そこで今回は、アスパラガスに含まれる珍しい栄養素や期待される効果、そして栄養素を逃さない調理法をご紹介いたします。

アスパラガスの旬は、初夏の5、6月

スーパーや八百屋さんへ行けば1年中見かけるアスパラガス。店頭で販売されているアスパラガスは、海外から輸入されたものやハウス栽培されたものがほとんど!いつでも手に入るので、いつが旬なのか分からない人も多いのではないでしょうか。アスパラガスの旬は、5、6月頃の初夏。北は北海道、南は長崎、佐賀などで栽培されています。5、6月頃店頭に並ぶアスパラガスは他の時期と比べると太くて立派なものが多く鮮やかな緑色をしているので是非チェックしてみてくださいね。

旬とその他の時期のアスパラガスの違いって何?

スーパーなどでは年中見かけるアスパラガスですが、旬と他の時期では何が違うのでしょうか。見た目では、なかなか分かりにくいかもしれませんが、含まれる栄養素の量が違うのです。旬に育つアスパラガスは、環境や気候がマッチしストレスを感じることなく健やかにグングンと育ちます。太くて大きく、鮮やかなグリーン色をした旬のアスパラガスには栄養素がたっぷりと含まれているのです。

では、どんな栄養が入っているのか探ってみましょう!

アスパラガスに含まれる珍しい栄養素とは

アスパラガスは緑黄色野菜のひとつ。栄養も豊富に含まれています。

【アスパラガスに含まれる主な栄養素】

  • アスパラギン酸
  • ルチン
  • 葉酸
  • カリウム

ルチンや葉酸、カリウムなどは他の野菜にも含まれている栄養素なのでご存知な方も多いでしょう。特に注目したい栄養素が「アスパラギン酸」です。サプリメントや栄養ドリンクで見かけたことはありませんか?

アスパラギン酸とは、疲労物質とされる乳酸をエネルギーに変え、疲れた身体を回復させるアミノ酸の一種。疲れがなかなか取れないとき、栄養ドリンクやサプリメントを飲む方は多いでしょう。しかし、添加物や糖分など気になる成分が含まれているので毎日飲み続けることに不安を感じている方も多いのではないでしょうか。そこでオススメなのが、旬のアスパラガス。アスパラギン酸が豊富ですし、もちろん、添加物などの化学成分も含まれていないので安心して食べられますよ。

美味しいアスパラガスの選び方

アスパラガスを食べよう!と思っても色が変色していたり太さが均一でないものは美味しさも栄養も半減してしまいます。そこで、美味しいアスパラガスの選び方をご紹介します。鮮度の良い美味しいアスパラガスを選んでくださいね。

【美味しいアスパラガスを選ぶ3つのポイント】

  1. 穂先がピンとしている
  2. 均一に太っている
  3. 切り口が変色していない

鮮度の良いアスパラガスは、グリーンも鮮やかです。そして、穂先はピンと締まり根本まで張りがあり均一の太さです。切り口も忘れずにチェックしてください。みずみずしく、茶色く変色していないものを選びましょう。切り口が乾燥しているものも避けてくださいね。そして、生野菜は鮮度が命。購入したその日に食べるのがオススメです。

アスパラガスの栄養を逃さない調理法

鮮度が良く、美味しそうなアスパラガスを選んでも調理を誤るとせっかくの栄養を逃してしまいます。そこで、美味しく栄養を逃さない調理法をご紹介致します!

アスパラギン酸は熱に弱い

アスパラガスに含まれる代表的な栄養素「アスパラギン酸」は、熱に弱いという弱点があります。ですので、調理の際は、茹ですぎないのがポイント。さっと短時間で茹でるか蒸す、または電子レンジでチンするのがおすすめです。

アスパラガスの蒸し焼き

下処理したアスパラガスをフライパンでさっとオイル蒸し焼きにし、ミネラルが豊富な岩塩や天然塩をかけて食べます。

  1. アスパラガスの下処理を行う。根元の硬い部分2、3cmほどをカットし、根元の皮3から5cmほどの薄くピーラーでむく。
  2. 熱したフライパンにオリーブオイルを多めにいれる。※大さじ3くらい。1の下処理したアスパラガスを入れ、蓋をし、1分程強火で蒸し焼きにする。
  3. アスパラガスを反対側にし、30秒ほど蒸し焼きにする。岩塩や天然塩をかけたら完成です。

お好みででチーズや温泉たまごをかけて食べるのも美味しいですよ。アスパラギン酸は、ミネラルを細胞へ運ぶ働きもあるためが岩塩や天然塩などに含まれるミネラル類と一緒に食べるとより良く食べられます。

旬のアスパラガスを美味しく食べよう!

旬の野菜は、環境や気候がその野菜とマッチしているためストレスなく健やかに育ちます。よって、美味しいだけでなく栄養素も豊富です。5、6月の初夏が旬とされるアスパラガスは他の時期と比べると鮮やかなグリーンで太く、根元まで張りがあります。アスパラギン酸という疲労回復効果を期待できる栄養素も豊富。美味しい旬のアスパラガスを食べて、溜まった疲れを吹き飛ばしましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

Kataoka Hana

かたおか はな/ 5歳の娘と1歳の息子を育てるママ。家族の健康と自身の喘息改善をきっかけに野菜ソムリエの資格を取得。野菜の栄養を生かしたレシピを考案したり、野菜を食べられるお店を紹介するライターとして活動中。日々、野菜やフルーツの旨さや栄養をお届けしています。